頭痛の分類と高血圧について

頭痛には色々な種類と原因があります。頭痛は大きく一次性と二次性の2つの分類に分けられます。特に病気はないが、頭痛があるものを一次性といい、何か病気があるために頭痛が起こっていているものを二次性といいます。頭痛のある9割の人は、一次性です。二次性は1割と少ない割合ですが、大きな病気が隠れていることがあります。
一次性に分類されるものは、緊張型、片頭痛、三叉神経や自律神経からくるものがあります。緊張型とは、肩こりやストレスによって引き起こされます。痛みの特徴は、締め付けられるような痛みです。片頭痛の多くは頭の片側に起こり、ズキズキと脈打つ感じの痛みです。時に嘔気や目がチカチカするといった症状もみられます。三叉神経は顔にある神経で、これが何かの原因で痛みを引き起こします。
二次性に分類されるものは、頭部の外傷、腫瘍、高血圧、脳内の血管障害、精神疾患によるものがあげられます。
二次性のものは、命の危険性が高いものあるので、いつもの痛みではないと感じたらすぐに受診をしてください。
では、二次性が疑われる症状とはどういったものでしょうか。次のようなものがあげられます。
突然の激しい痛み、いつもと違う痛み、手足の麻痺や言語障害を伴う痛み、中年以降に起こった痛み、高血圧のある人の痛み、癌がある人の痛み、高熱を伴う痛みなどがあげらます。これらの症状がある場合は、くも膜下出血や脳梗塞、脳出血、病気の進行が考えられます。しかし、高血圧の人は自覚症状があまりない為、頭痛が起こっても、重大なことだとは思わない人が多くいます。高血圧は合併症が現れるまでに長い期間ありますが、脳卒中や心不全、腎臓病や肝臓病などの大きな病気につながります。
たかが、頭の痛みと思わずに、何か変だなと思ったときは、すぐの受診をお薦めします。